eBay→ヤフオク リサーチでたまには非効率さを求めてみる

 

効率化!!

効率化!!

効率化!!

 

あなたが効率を追求する姿勢とても理解ができます。

無駄なことをチンタラしていたら

そりゃいつ迄経っても

結果と言う形で成果は出てきません。

 

しかし、ここであえて

宣言してみます。

 

非効率なリサーチ

たまには取り入れよう!!

 

と・・・・・

 

横道それて

ぐだぐだしながら視野を広げる

時間も必要かと・・・・・

 

思考が凝り固まってしまって視野が狭く感じる
リサーチがルーティン化してしまい、そこから抜け出せない
なんかライバルたちと同じデータを見ているような気がする

 

 

そんな停滞感を感じるときに

頭の体操も兼ねて

秋本が実際に行っている

非効率なeBay→ヤフオク リサーチ方法を紹介します。

ヤフオク内で需要を見つける際にお役立てください。

 

 

非効率ゆえ初心者の方はマネ厳禁です!!

 

ヤフオクの落札履歴を新聞を眺めるように閲覧する

 

ヤフオク内の気になるカテゴリーで

価格帯だけ絞って

落札履歴を

時系列にただひたすら眺めます。

 

電車に乗っている、スキマ時間でも十分に実践可能なので

よく副業時代やっていましたね。

 

ヤフオクの落札データは

キーワードで絞らないで

価格帯のみ絞って

ただひたすら見ていきます。

 

昨日の世の中の動きを見るように

新聞を眺める感覚で定点観測をします。

 

例えば、アンティークのカテゴリーを見るなら

下の画像のような手順です。

 

 

このような手順で

 

お父さんが毎朝新聞を読む感覚で、ヤフオク内の前日の落札データを俯瞰してみる

 

これは、現在進行形でルーティンとして取り入れています。

 

変化にいち早く気が付くためにも

ルーティンとして定点観測する視点を持つことは

非常に重要です。

 

ヤフオクであえて訳の分からないカテゴリーをあえて閲覧する

 

eBay→ヤフオク

リサーチを進めて行く中で

自分がよく閲覧するカテゴリーや

相性の良いカテゴリーを

各個人持っているかと思います。

 

秋本にも

もちろんそれはあって

 

その反面

自分のリサーチに偏りを

感じるときがあります。

 

そんな場合は

敢えて

ヤフオク内の

いつも見ないカテゴリーを見る

という意識をもって

 

新カテゴリーに

どんどん挑戦していきます。

 

できるだけ先入観を持たないこと

 

これは初心者であっても

上級者になっても

常に心がけるべきことだと考えています。

 

ルーティンになっていることに対して「なぜ??」を問いかける

 

そして敢えてルーティンを壊してみる

 

これは非常に大切にしている考え方です。

 

ヤフオクであえて抽象度の高いキーワードを入れてみる

 

ヤフオク内で検索する

キーワードが

具体的になればなるほど

検索結果の

意外性は少なくなる傾向にあります。

 

検索結果に

偶然の出会いを求めたいときは

意図して

より抽象的なキーワードを

入れてみます。

 

例えば、下記のようなイメージです。

 

適当な年号のみを入れてみる (例)1830年など
箱付き
最高級
名作

 

これらは今思いついたワードですが

 

できるだけ

商品そのものと紐付かないような

キーワードを選定して

 

視点をずらして

思考を広げることを目的に

使っている小技です。

これという正解は

ないので各自思いついたワードで

リサーチをしてみて下さい。

ヤフオクの10年前のデータを現在によみがえらせる視点を持つ

 

ヤフオクの10年前のデータを

意図して

蘇らせることを前提に

リサーチを行うことがあります。

 

これはオークファンという

外部サービスを利用しなくては

なりませんが

 

正確に需要と供給のバランスを読み解く

とう意味においても

非常に重宝するサービスなので

導入するべきものとして考えております。

 

話を戻します。

 

ヤフオクの10年前のデータを意図的に蘇らせる

 

これはどういうことなのか??

 

eBay→ヤフオクのリサーチを長く続けていると

分かることではありますが

 

マニアの方の需要が一定数あるように

推測できるにも関わらず

 

何らかの理由で

ヤフオク内で

ここ数年供給がなくなってしまっている

商材に出くわすことがあります。

 

ここで考えられることは以下の2つです。

ヤフオク内の需要が本当に下火になっている可能性
②たまたま、ヤフオクへの供給が少なくなっている可能性

 

そこで②を満たすべく

自分がeBay→ヤフオクの先駆者になって

 

ヤフオクへの供給を再開させ

マニアの方の物欲を

再びくすぐろうという作戦です。

 

手堅い取引をする一方で

 

このように

eBay→ヤフオクにおいて

自分でデータを作っていくような

仕入れも日々行っています。

 

まとめ

 

本日共有させていただいたことは

eBay→ヤフオクのリサーチにおいて

セオリーから外れる考え方ですので

 

最初に時間を割くべき

ポイントではありません。

 

eBay→ヤフオク

これから始める方にとって

するべきことは

基本に忠実に真似てみる。

これがとても大切です。

 

軸を一つ持っていないと

 

そこからズラすこともできないし

自分が実践していることの中で

何が間違っているかの検証もできないはずです。

 

とにかく3ヶ月位一つのことに専念してみる!!

 

ノウハウ難民から

今年こそは卒業してみてはいかがでしょうか??

 

その第一歩を

7日間スタートアップ道場メール講座

では後押ししています。

 

 

error: Content is protected !!