eBay→ヤフオクで稼ぐ。アンティークのプレートがこの価格?!

 

eBayを使ってヤフオクで稼ぐ。

 

本当に価格差なんてあるのか?!

これは多くの方が

感じていることでしょう。

 

そのあなたの疑いの目

そしてダマされないぞ!!と

身構える気持ち

とてもよく理解ができます。

 

それがかつてのわたし自身でしたからね。

 

先日eBay→ヤフオクのリサーチを

行っていると

少し気になる商品が

あったので事例を挙げて

解説を加えてみます。

 

結果的に仕入れには

至りませんでしたが

 

マニア向け商材のポテンシャルを

理解頂きたく思ったので

共有させていただきます。

 

リサーチを行うときは

こんな感じの

ワクワクする機会が

当たり前のようにあるのが

マニア向け商材の世界。

 

ヤフオクではこのような価格で販売されていた

ヤフオク側の画像

 

 

マイセンのプレートです。

おー

このような価格で取引されているんですね!!

 

ちなみに同月で2枚の取引がありました。

 

それぞれ入札数が少ないものの

なんか怪しい雰囲気です。

 

eBayではこのような価格で仕入れられている

 

さーてと。

eBayでどれくらいの価格で

仕入れることができるものなのかな。

 

eBay側の画像

 

 

!!!!

 

eBayの過去相場をあたってみたら

 

おっ!!!

ありました!!

 

しかも、他にも同じような価格帯で

販売されていたデータがあります。!!

 

そして、この記事を書いている

現段階でもeBayに出品されています!!

 

隊長!!

お宝商品発見です!!

 

っていうのは

少しだけ早いんですけどね・・・・。

 

コンディションの違いで
価格がどの程度変動するのかな??

 

まだ国内での需要はあるのかな??

 

この取引がたまたま高値なのかな??

 

マイセンの等級に何か違いがあるのかな??

 

もしかして細かいデザインの差異を見逃してないか??

 

このように疑いの目を

厳しく持ちつつ

仕入れに関する不安を

リサーチで一つずつ潰していくんですね。

 

その具体的な方法は

オークファンを使って

データを10年単位で遡ってみたり

細かいテクニックは存在しています。

 

そして安易な決断をしないためにも

仕入れるまでのプロセス/考え方についても

磨いていく必要があります。

 

でもこのワクワク感のなかで

リサーチができるって

面白そうじゃありませんか??

 

少なくても秋本がこの世界を知った

副業サラリーマン時代は

週末の日曜日は

全てリサーチに費やすほど熱中しておりました。

 

そしてもちろんいまもその熱中は冷めておりません!!

 

あっ。海外仕入れって怖いですか??

eBayってあなたが思うほど怖くないですよ。

友達みたいな感じです 笑。

eBayを海外仕入先としてオススメする3つの理由
海外から仕入れて国内で販売する。ひと昔まえと比べると個人が輸入することに対するそのハードルはインフラの整備により圧倒的に整っている状況です。また...

 

eBay→ヤフオクで価格差が得られるという事実

 

ヤフオク終わった。

ヤフオク古臭い。

eBay仕入れ終わった。

eBay仕入れ古臭い。

 

 

 

このようなイメージが

あることは承知しております。

 

でもeBay→ヤフオクで価格差が

発生していることは事実なのです。

 

マニアなお客さまと

太い関係を築きながら

愛着のある商売を行っていくことが

 

あなたならではの

参入障壁の高いスキルに

いつの間にか

変わっているかもしれませんよ。

 

こちらではもっとインパクトのある情報を

たくさんの事例と考え方や解説を加えて紹介しています!!

門外不出!!商品リスト
門外不出!!商品リスト

 

 

 

error: Content is protected !!