eBay→ヤフオク 儲かる商品リスト そのリストは大丈夫ですか??

 

世の中には様々な方がリリースされた

“儲かる商品リスト”

なるものが販売されています。

無料のもの。

有料のもの。

そして、超高額なものまで。

 

そして、特に新品商材の

商品リストであれば

その鮮度が重要です。

 

今回はeBay→ヤフオク

これから始めようという方向けに

儲かる商品リストを購入する前に

注意するべきポイントをまとめてみました。

 

少なくても以下4点についての

視点を取り入れると良いと思います。

 

送料や手数料を差し引いても利益が出ているか??
比較されているデータのそれぞれの時期にも注意
ヤフオク側の入札数にも注意しよう
グレーな商材で一時的に利益がでているだけ??

eBay→ヤフオク 儲かる商品リスト 気をつけるべき4点

送料や手数料を差し引いても利益が出ているか??

 

eBay→ヤフオク

価格差5000円!!

 

でもその価格差は

送料とヤフオク手数料を

差し引いているものでしょうか??

 

さらに関税/消費税を加味すると

むしろ赤字だった。。

 

こんなリストを

私も初心者のころ

目にした記憶があります。

 

あなたがいま手元に置いている

商品リストは大丈夫ですか??

 

私は自分で仕入れる際には

 

ヤフオク手数料 8.64%
国際送料
paypal手数料
輸入関税 (過去の輸入履歴を参考にして大雑把に)

 

上記4点を

エクセルの計算式で

加味した上で

10,000円以上の利益が取れるどうかを

基準に仕入れ対象を選定しております。

 

いまあなたが

目にしている価格差は

事業を行ううえで

最終的に残る利益なのか

しっかりと考える必要があると思います。

 

比較されているデータのそれぞれの時期にも注意

 

どの時期のデータを持ってきて

eBayヤフオクのデータ比較を

行っているのかという視点は

とても重要です。

 

例えば

一時的に高まっていた時期の

ヤフオクの過去データが

意図的に使われている場合などです。

 

ヤフオク直近の落札データと比較すると

実はほとんど価格差がない

というようなケースですね。

 

やはり仕入れる前には

必ず

現時点でのヤフオク市場に投入して

利益が出るのか??

そして

競合となりそうなライバルは多いのか??

それらを

注意深く考える必要があります。

 

例えば定番商品とも言える

シュタイフというメーカーのクマのぬいぐるみがあります。

 

2016年から過去の落札履歴をさかのぼってみましょう!!

 

 

すると2016年7月11日のデータが¥73,200円

これだけが

跳ね上がっているデータであることが

わかります。

 

そして

2018年のeBay側の仕入れデータも分析してみます。

箱/証明書付きのものに絞って探してみると

下のような落札履歴が見つかりました。

 

2018年の10月18日に落札されたeBayのデータ

 

もしこの2018年の10月18日に落札されたeBayのデータ

2016年7月11日にヤフオクで落札されたデータ

比較されているリストがあるとしたら

 

結構利益でるじゃん!!

 

って皆さんは思ってしまいますよね。

 

この場合は¥73,200円のデータは除外して

青枠の相場を根拠に

仕入れを行った方が良いというわけです。

 

 

ぜひ、あなたの手元にあるリストを

注意深く見直して見て下さい。

もちろん青枠のなかでも

価格の揺れがありますので

 

落札価格が低くなっているものについては

その理由をつぶしていく必要があります。

そうすれば

大赤字のリスクもだいぶ軽減されるはずです。

 

そして、なにより

検証してから

なんらかの根拠を持っての

仕入れであるので

 

その経験は

必ず次に生かせます。

そして

リサーチのスキルは

メキメキとついてくるはずです。

 

ヤフオク側の入札数にも注意しよう

入札数が1の場合

このような場合のデータは注意深くなる必要があります。

 

入札数が多い=人気がある=欲しい人がたくさんいる

これは入札数に対する基本的な考え方です。

 

しかし、入札数が1の場合

どの程度人気があるのか推し量る

ことが難しいんですね。

 

特に経験の浅いうちは要注意です。

 

そのため過去の落札相場を

参考にすることで

仕入れようとする商材に

人気があるのかを

判断するのです。

 

下図は

2016年までさかのぼった

ヤフオクの過去の落札相場です。

若干さがり相場の印象はありますが

定期的に売れてますので

これは国内で一定の需要があると判断できます。

 

“”¥38,900の1入札””のデータを見せられただけでは

正しい相場判断ができているか不安になりませんか??

 

逆に、過去相場を分析した結果

“”¥38,900の1入札””のデータしかなかった場合であれば

私は需要に不安を感じて

仕入れ対象から外す選択を取るかもしれません。

 

儲かる商品リストを通じて

価格差を見つけたら

 

まずは心を落ち着けて

広い視点に立って

 

過去相場を用いて

価格差を分析することをおすすめ致します。

 

 

値下げ交渉が成立していて、表示されている価格より安く落札されている場合

ヤフオクには”値下げ交渉”という機能が備わっています。

ヤフオク! - 値下げ交渉ガイド - 値下げ交渉とは?
ヤフオク!の新機能がついに登場! 値下げ交渉機能

 

実はこれ、ちょっとくせ者で

実際にいくらで落札されたか

第3者にはわからないのです。

 

値下げ交渉で取引が成立している場合は

以下のような表示があります。

 

データ表記では¥26,800で落札されていますが

実際に取引成立した価格を我々が

知ることはできないのです。

 

もし、あなたがお持ちの商品リストの中で

値下げ交渉で成立しているデータとの比較が

あれば要注意です。

 

グレーな商材で一時的に利益がでているだけ??

グレーな商材を意図的に

儲かる商品リストに掲載している

リスト販売者さんは少ないと思いますので

 

この場合は、販売者さんが

やむを得ず

気がつかずに掲載してしまている

ケースです。。

 

あまりにもライバルが少なかったりする場合は

疑ってみることも大切です。

 

最終的には

輸入して何か問題になった場合は

自己責任になってしまいますので

 

不安な場合は

Jetroや税関に相談してみると

良いでしょう。

 

ジェトロ(日本貿易振興機構) | ジェトロ
ジェトロは2003年に設立されました独立行政法人です。 海外74カ所、国内45カ所のネットワークをフルに活用し、海外ビジネス情報の提供、中堅・中小企業等の海外展開支援、対日投資の促進などに取り組んでいます。
税関 Japan Customs

 

ただ

気をつけるべきポイントは

ある程度決まっているので

そんな心配にならなくて大丈夫だと思います。

 

輸出入禁止・規制品目
輸入禁止・規制品目 輸入規制品目について 輸入禁止・規制品目について 個人輸入代行・ビジネス輸入代行・転送サービスの輸入com
輸入禁止・規制品目 輸入規制品目について

 

まとめ

 

eBay→ヤフオク 儲かる商品リストをうまく活用すれば

価格差が発生しやすい

商材やジャンルを

一気にインプットできることは事実です。

 

ぜひ、上記の4点を精査したうえで

気になっている商品リストを

手に取ってみると良いと思いますよ。

 

秋本も不定期で

上記4点をクリアした

解説盛りだくさんの

リストを提供させて頂いております。

門外不出!!商品リスト
門外不出!!商品リスト

 

error: Content is protected !!