eBay→ヤフオク輸入転売稼ぎを大きく伸ばす秘訣は商材選定とマニアの方との関わり方にあった。

 

あなたは市場の中で生き残り続けるために価格差以外の視点を持っていますか??

 

eBayでせっかく仕入れた商材がヤフオクに出品するころには

価格競争で相場が下落傾向になっていた・・・・

誰しもそのような経験を一度はされているのかもしれません。

 

今回はマニア向け商材で稼ぎを伸ばすコツについて考えていきたいと思います。

 

eBay→ヤフオクをきっかけにコレクションのお手伝いをさせて頂く

 

コレクター性の高い商材を扱う上で、マニアの方のコレクションをお手伝いさせて頂く

これは私が常に考えていることであります。

 

そのためにヤフオクをきっかけにお客様との関係性が広がるような

商材選定を常に意識しているわけです。

ebay→ヤフオクでの理想はマニアのお客様から直接リピートを頂くこと

 

仕入れの段階でeBay→ヤフオクの価格差はもちろん追っています。

でもそれだけではなくて、違う角度でも商材選定を行っていることは事実です。

eBay→ヤフオクはきっかけに過ぎないという位置づけです。

 

思った以上に利益が伸びる月は必ずと言っていいほど

リピートのお客様からのオーダーがあります。

 

そして、それらの取引はこちらの言い値で成立している場合がほとんどなのです。

 

例えば私の事例でお伝えすると

このような取引が成立している場合を振り返ってみると

 

ヤフオクで扱っている出品者の方がいない商材である。

ヤフオクで相場が形成されていないかなりニッチな商材である。

ヤフオク通年を見ても出品回数が少ない状態である。

型番での検索が難しい商材である。

 

など共通点があるように感じています。

おそらくこのような商材は欲しい方が常に多くはいないので

すぐに売りづらいという側面があります。

そして、1円でのオークション出品をすれば赤字のリスクがかなり高い商材です。

 

また、過去データを見てもライバルが仕入れに踏み切れるだけの

材料が揃っていない場合が多く、参入者がほぼ現れません。

 

割とこのように難化している市場が個人的には好きなこともあり

見込みとなりそうなお客様とヤフオクできっかけ作りを最初にしてから

そこからのリピートの関係性の中で利益に繋がる取引に発展するケースが多かったりします。

 

これは少し難易度が高いケースですが直接リピートを頂くことは

上記のような難化している局面でも

あなたの販売を確実に有利に進めてくれるということを覚えておいて下さい。

 

特にリピート戦略はコレクター性の高いマニア向け商材であればあるほど

うまくハマりやすい傾向にあると考えています。

ヤフオクでの販売はきっかけにすぎない。そのための商材選定を考える

 

価格差に注目して利益の取れる商材を探す一方で

商品=お客様とのきっかけ作り

 

という考え方も積極的に取り入れています↓。

 

純粋にeBay→ヤフオクで利益を出すことは超重要ですが

リピートの観点が抜け落ちてしまって

価格差ばかりを追っている状況は非常にもったいないと考えています。

 

もし、お客様との関係性を築くことが出来れば

 

お客様から探している商材のリクエストを頂く。

      ↓

その商品リストを積み重ねていって、見つかった時点で販売を行う。

 

このような1対1の販売が可能となります。

 

eBay→ヤフオクで利益を出すことを第一目標に掲げつつ

そこが駄目だった場合のことを想定して

リサーチの段階からリピートの視点を含んだ商材選定を行う。

 

この意識を持っているか否かの違いが

 

一方はeBay→ヤフオクを飽和していると感じ

もう片方は1対1の関係性の中で利益を伸ばせると感じている

その分岐点になっているのではないかと考えています。

 

リピート獲得に初心者も上級者もありません。

今すぐに誰でも実践できて、明日の取引からでも取り入れることができる方法なのです。

ebay→ヤフオクマニアの方とのきっかけ作りで工夫していること

お客さまとのきっかけづくりの為の商材選定という視点を取り入れてみる

お客さまとのきっかけづくりの為にあまり利益が出ない価格で

商品をラインナップに含めている場合があります。

ebay→ヤフオクをきっかけ作りとして割り切ってしまっている商材などです。

 

例えば、常に売れるような商材ではないけれど、利幅が大きい商材などは

仕入れのリスクが伴います。

 

それを解決する施策としてリピーターとなり得る見込み客との接点を先に作る場合があります。

その際は、あまり利益が出ない価格であえて販売する場合があります。

その後で、リピートでの受注販売というスタイルで売りたい商材の取引成立の可能性を探っていきます。

もちろん、お客様との直取引ですのでライバルの参考になるようなデータは残しません。

 

ぜひ商材選定に工夫を凝らして、ebay→ヤフオクをきっかけとした

販売戦略を練ってみると面白いかもしれません。

 

利幅の大きい商材はヤフオクにはあまり出さないで直取引している

eBay→ヤフオクで全力投球をしないことも一つの販売戦略だと考えています。

現役で実践している身ではありますが、ライバルセラーから見られている/真似をされる

ことはもちろん想定して販売を行っています。

 

だから、本当に利幅の大きい商材などは積極的にebay→ヤフオクには露出せずに

直接取引の中でお客様に販売するという工夫を実際行っています。

ライバルからの情報は大いに参考にしつつ、いかにライバルへ情報を与えないようにするか。

この点については常に注意を払っている点です。

 

外見はあまり儲かっていない販売者、もしくは地味セラーを目指している

実はeBay→ヤフオクにおいて私はさほど利益が出ていないセラーに見られているかもしれません。

いわゆる地味なセラーです。でもこれで良いと考えています。

 

ライバルの真似の対象になることが少ないですからね。

ライバルの対象にもならず、ヤフオクに極力データは残さない。ますます地味な印象です。

 

この前このような取引がありました。

 

秋本さん!!以前ヤフオクで取引した佐藤です。いまヤフオクに出品している商品を直接オーダーできますか??

 

このような形でメールを頂きました。

もちろんこの方と取引をしたいので、ヤフオクでの出品は取り下げて販売を行います。

 

ヤフオクに落札データは残りません。

ますます外見はあまり売れていない販売者さんだなーという印象になってしまいます。

 

これは私にとって有り難いことなんですけどね。

 

ヤフオクでがっつり利益を取るスタイルもあれば

私のようなスタイルも存在しています。

 

正解はありませんが、売り方の違いで、同じ市場で戦っているのにも関わらず

eBay→ヤフオクというプラットフォームへの認識が異なるということです。

 

ぜひどこで利益を取るかについて考えてみて下さい。

 

eBay→ヤフオクでがっつり稼ぐパターンもあれば

ebay→ヤフオクをきっかけづくりとして最大限活用する戦略もあると思います。

 

ヤフオクで儲けることよりも、直仕入れ→直販売の究極を常に目指している

ebay→ヤフオクをあなたに推奨しつつ

実は、直仕入れ→直販売を常に意識して取引を行っています。

 

あなたが考えている以上に

eBayからの仕入れのデータヤフオクでの販売履歴

多くの方に分析されています。

 

独自の仕入れルートと独自の販売先は特別なコネを持っていなくても

増やしていけるものだと考えています。

 

お客様に積極的に欲しい商品を聞いてみるのも一つですし

ebayのセラーに現地でなかなか見つからない商材を探してもらうということも一つでしょう。

工夫次第で、人より半歩先の仕入れと販売は誰でも実現可能だと考えています。

まとめ

 

eBay→ヤフオク価格差ばかり追うのも良いけれど・・・

 

データは人の欲求が顕在化した一部分であると考えています。

そして、潜在化している人の欲求にアプローチするためには

やはり想像力人の気持ちを考える力が必ず必要となってきます。

 

自分が誰に向けて商売を行っているのか深く考えることは

即効性はないけれど、継続的に稼ぎを伸ばす上で無駄にはならないと感じています。

 

きっかけに過ぎない一つの取引が

大きな可能性に溢ちている感覚が伝わればと嬉しいです。

 

自分が扱っている商材の価格差以外の魅力を分析することが

ライバルと大きくそして、長期的に差別化を図るきっかけになるかもしれませんよ。

 

 

 

error: Content is protected !!