eBay→ヤフオク輸入転売 マニアなお客様と私との関係性について考えてみる。

 

あなたは市場の中で生き残り続けるために価格差以外のモノサシを持っていますか??

本日はお客様との関係性について考えてみたいと思います。

 

この部分の視点のある無しで、扱う商材の厚みが変わってきます。

扱っている商材を見れば、その販売者の思考の深さが理解できたりするものです。

商材を通してお客様との関係性を考えてみる

eBay→ヤフオクでお客様との関係性を考える必要があるのか??

 

そもそも、こんな小難しいこと考える必要があるのか??

 

マニア向け商材という特性上、わたしから買う理由を

明確にできていなくてもヤフオクで販売することは可能だと考えています。

 

マニアのお客様が欲しい商材を仕入れさえすれば

私であろうと、あなたであろう大差なく買われていくはずです。

 

商品自体の訴求力が強いですからね。

※ヤフオクの評価数や写真の撮り方で多少の価格変動は起こると思います。

eBay→ヤフオクでお客様との関係性をなぜ大切にするのか??

 

ヤフオクをきっかけとしてお客様のニーズを深く知ることができるから

 

せっかく、コレクションしたくなるような商材をあなたが販売しているのに

一回きりの取引で終わってしまうことはもったいないと感じませんか??

 

ヤフオクの落札履歴として残っている過去データは

マニアなお客様の欲求の一部だと考えています。

 

お客様と深く関係を築くことができれば

どのような商品を、どのような想いで探し続けているのか

細かくヒアリングすることができるようになります。

 

先日販売した商品のお話ですが、残念ながら返品となった商材がありました。

しかしながら、商品と一緒に添えていたメールアドレスへ後日お便りを頂きました。

 

夏の景色として部屋に飾るのが長年の夢だったので今回はとても残念でした。
また巡り会えることを楽しみにしております。

 

次回仕入れ見込みがあった際にはこの方へご連絡を差し上げる予定です。

 

秋本さんだったら私のコレクションを見つけてくれそう。

秋本さんだったらこの商材について詳しそうだから信頼できる。

秋本さんの出品ライナップを見ていると特別な仕入先がありそう。

 

価格差以外の部分でお客様との関係性を築くことができれば

リピート販売をより有利に進めることができると考えています。

 

だからeBay→ヤフオクという場所であっても常にリピートの意識は持ち続けています。

 

eBay→ヤフオクを価格差だけで終わらせてしまわない視点を持つ

 

価格差ばかりに注目しているとお客様との関係性の部分が

ついつい見落としがちであると感じています。

 

面倒くさい気持ちはとても分かります。

 

事実、リピーターになって頂ける確率は100パーセントではありません。

 

 

お客様との関係性はすぐに入手できるようなインスタントなものでないからこそ大切にする。

これは初心者だからとか関係なく、初期段階から取り入れるべき考え方であり

すぐにでも実践できることなのです。

 

eBay→ヤフオクの価格差に囚われすぎているがゆえ

お客様から引き出せる商材を失っているようにも感じるのです。

もちろん、価格差は超重要な要素としては間違いありません。

 

価格差を手がかりに顕在化しているデータから利益を取りつつも

お客様基点で潜在化している市場にアプローチできるようになると

 

ヤフオクのライバルとは少し違った印象の販売者という

ポジションを取れると考えています。

 

まとめ

 

お客様との関係性  × コレクト性の高いマニア向け商材

 

この両者の掛け合わせは非常に相性が良いと考えています。

 

1円でも安いかどうかよりも長年探している商材を見つけ出してくれること

価値を見出してくれるお客様と出会いたいものですよね。

 

この視点を念頭において、eBay→ヤフオクのリサーチを行うと

一つの取引の価値が今までと違った感じ方になるかもしれません。

 

error: Content is protected !!