eBay→ヤフオク 輸入転売 稼ぐためにお客様選びこだわってますか??

 

eBay→ヤフオク 輸入転売 マニアの収集心を刺激せよ!!
eBayでせっかく仕入れた商材がヤフオクに出品するころには価格競争で相場が下落傾向になっていた・・・・誰しもそのような経験を一度はされているのかもしれません。そ...

こちらの記事に続いての第四弾。

 

市場の中で生き残り続けるために

常日頃、価格差以外で私が何に注意を払っているのか

共有してみたいと思います。

 

  • コレクター性が高い商材かどうか??

 

  • 1点モノとしての魅力がしっかりあるか??

 

  • 私から買う理由をその商材を通して訴求できるか??

 

  • お金に余裕のある方が購入する商材かどうか??

 

  • お客様自身が海外から輸入するのが難しいと感じる商材かどうか??

 

考えるべき複数の視点のうちの

本日は

お金に余裕のある方が購入する商材かどうか??

この事について考えてみたいと思います。

 

お金に余裕のある方が購入する商材かどうか??

 

あの金彩のマイセンのお皿を買ってくれた佐藤さんってどの位の収入の方なんだろうなー??

 

価格差を追うと同時に

実は、お客様選びについても

仕入れ前の段階で色々と想像を巡らしています。

 

その趣味がある程度お金を必要とするのか??

 

エンドユーザーを想像して

できるだけ1円でも安くを値切られるような

市場には参入したくないわけです。

 

eBay→ヤフオク 贅沢言うなら、やっぱりお客様は選びたいですよね?!

 

ストレートに言ってしまいますよ!!

 

お金にある程度余裕のある方の

趣味のお手伝いをしたいということです。

 

この視点は

リサーチの時にとても大切にしています。

 

これが儲かります!!

この商品が儲かります!!

 

っていう商品リストや

情報にそのまま

飛びつくのも良いのですが。

 

https://myfreelanceway.com/%E9%96%80%E5%A4%96%E4%B8%8D%E5%87%BA%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/

 

商品リストを紹介している

立場の人間として恐縮でございます・・・

 

しかしながら

 

この商品をそのまま仕入れてね!!

という意図で皆様にご紹介しているわけではありません。

 

実際に具体的な取引を見て

お客様を想像して

マニアな人が存在する

カテゴリーを知って

 

そして

 

自分で商品やカテゴリーを見つけ出すこと!!

 

これが最強だと考えています。

 

“最強”という言葉をもう少し

具体的に説明するならば

 

自分で見つけた商材なので

競合が現れづらいという意味で
商品寿命が長くなるという点

あとは

自分で見つけ出した競合が少ない商材なので

お客様視点で考えると

ずっと探していたマニア向け商材を扱う
希少性の高いヤフオクセラー

として認識されやすい点です。

 

商品リストは

市場を探るきっかけ作りとして

非常に有用だと考えています。

 

私自身も商品リストの

購入経験はありますが

そっくりそのまま仕入れたことって

あったかな!?

 

そっくりそのまま仕入れても

長く稼ぎ続けられた商材って一つもないです。

 

ヤフオクで知り合ったお客様に欲しい商品を聞いてみるのも一つ

 

さて、話を戻しますね。

 

eBay→ヤフオクの手始めとして

価格差を主体としたリサーチは

もちろん有効ですし

私自身も現在進行形で行っています。

 

やはりいまでもリサーチは

この部分を主軸に進めています。

 

しかし、その視点を持ちつつ

 

取引したいお客様から逆算して

商材選定を考えてみると

ヤフオクってもう飽和してんじゃね?!

という不安にに対して

一喜一憂しなくなると考えています。

 

ヤフオクの過去データとして

出現していない商材を

欲しがっているマニアの方って

きっとたくさんいますよね!?

 

お客様に何を探しているのか

どことなく聞いてみることも

リサーチの一つです。

 

そんなワクワクした気持ちで

現状のお客様との関係性を

あらためてみると良いかもしれませんよ。

まとめ

 

やはり今でもリサーチをしている中で

今日は価格差のある商材

あまり見つからなかったな・・・・

と感じてしまう日はあります。

 

この記事を読んでいるあなたもありますよね??

 

特に疲れている日なんかは

ヤフオク飽和したかな??

 

なんて思考停止して

弱気になってしまいませんか??

 

そういう時ってわりと

リサーチがルーティン作業になっていたり

同じようなデータばかりみている傾向に

あると思います。

 

そういう時にこそ

お客様視点に立って

見る商材を変えてみたり

見るカテゴリーに変化を加えてみたり。

 

そして、お客様に

探している商品を聞いてみたり。

 

そうすることで

 

いかに自分の考えが

凝り固まっていたかに気付き

それが自分の新しいジャンルを

切り開くきっかけになることが

多くあります。

 

やっぱりヤフオクで稼いでいる人っているんだなー

 

今でも私はこの発見の繰り返しです。

マニアの世界は想像以上に深く広いものだろうと

現役プレーヤーとして日々、突き進んでいます。

 

error: Content is protected !!