eBay→ヤフオク輸入転売で稼ぐためにお客様の困難を解決することが出来ていますか??

 

 

あなたは市場の中で生き残り続けるために価格差以外のモノサシを持っていますか??

本日はお客様自身の問題を解決している商材かどうか??について考えてみたいと思います。

それが実は価格差を生み出すヒントにもなっているのです。

eBayから仕入れることでお客様に価値提供できる瞬間を考える

 

大前提として一つお伝えしおきます。

実は私は転売をしているという意識はあまり持っていません。

全世界から商品を探すスキルでお金を頂いていると考えています。

これはリサーチスキルが向上すればするほど顕著です。

 

あなたが転売という言葉に無意識にでも囚われているのなら

お金を頂くことの対価を深く考える必要があるのかもしれません。

 

転売という言葉への囚われが、価格差の本質を見えづらくしているとも感じます。

 

さて、あなたはお客様の困難を解決する取引ができていますか??

せっかくリサーチした商品ですからできるだけ長く扱いたいですよね??

 

いったいどのような商材が寿命の長い傾向にあるのかな??

実は価格差がある商材には、何らかの理由がある場合が往々にしてあります。

 

ぜひ転売という言葉に囚われ過ぎずに

価値提供をするという視点でeBay→ヤフオクを観察してほしいなと考えています。

eBay→ヤフオクで価格差が出やすい商材は繊細で壊れやすい

 

壊れやすい商材で価格差が大きく取れる場合が多くあります。

壊れやすい商材ゆえ、良いコンディションで出品されていることに対して

市場が良い反応を示し、高値になるケースがこれに当たると考えています。

具体的には陶板画や装飾が細かい工芸品がそれに当たるでしょう。

 

お客様視点に立てば、リスクを取ってわざわざ海外から購入をするよりも

破損リスクの少ない国内からお目当ての商材を買おうとする心理が働くはずです。

 

eBay公認海外オークション セカイモン
セカイモンは、海外で6億以上出品されている商品を日本語で購入できる、世界最大級のオークションサイトeBay(イーベイ)公認の海外通販サイトです。日本で手に入らない新品からヴィンテージ商品、カーパーツから海外ファッションまで幅広く取り扱っています。

セカイモンでお客様が輸入代行を利用する方法も一つの選択肢として存在しますが

検索する煩わしさ登録をする面倒くささもあるも事実です。

 

壊れやすいという理由はお客様が海外から輸入する際に敬遠する事の一つですので

ぜひ覚えておいてください。

 

補足ではありますが、仕入れる側としてPaypalの買い手保障が存在しているので

それほど壊れ物を仕入れるリスクは実はありません。

(輸入に慣れていない方であればPaypalを利用されることをオススメします。)

 

eBay→ヤフオクで価格差が出やすい商材は言語的なハードルが高い

 

言語的ハードルは価格差が発生しやすい商材の一つの特徴だと考えています。

特に英語以外の言語圏に存在している商材はチャンスが大きいと感じています。

AI翻訳でこの牙城が崩される可能性はありますが、現在において

この壁を商売のアドバンテージとして利用することはとても有効だと考えています。

 

具体的な話ですが私自身、英語圏以外の国で得意な国を一つ作っています。

英語での検索はエンドユーザーも行っている可能性が高いわけですが

英語以外のローカルの言語で検索する方は割合として低くなると考えています。

 

その結果、珍しい商品と認識されて価格差が生まれているケースが存在すると考えています。

具体例を挙げるならばeBay.comにはあまり存在しない商材です。

eBay.com以外にもeBayが存在することは知っていますか??

国を切り口にリサーチを深掘りすることは非常に有効ですのでぜひ参考にしてみて下さい。

eBay→ヤフオクで価格差が出やすい商材は日本直送が難しい

 

日本への直送が難しい商材も大きなチャンスを秘めています。

輸入代行会社のセカイモンであってもカバーできていない国はあるので

やはり、eBay.com以外も果敢にチャレンジすべきでしょう。

 

フランス輸入??イタリア輸入??トルコ輸入??ブラジル輸入??

安く仕入れられる国なら全世界が仕入先です。

 

たまたま安く仕入れられるという理由でインドとか南アフリカ共和国から

仕入れることだってありますよ。

ノウハウのネーミングに囚われ過ぎてあなたの世界観が小さくなっていないですか??

転送会社
検索

日本直送が難しくても、今や解決方法はたくさん存在していますから。

eBay→ヤフオクで価格差が出やすい商材は検索に少しクセがある

 

価格差が出やすい商材というものは検索に少しクセがあると考えています。

 

  • 時間的な観点で少しクセが有る

  • 言語的な観点で少しクセが有る

 

①時間的な観点で少しクセがあるとは

 

これは年間で数回しかeBayに出ないような商材が当たると考えています。

いつ出品されるのかタイミングを測るのが難しい商材です。

この道場でもお伝えしている通り、キーワードベースで

リサーチ結果を積み重ねて仕組みづくりをするメリットがここにあると考えています。

 

つまりレアな商材を刈り取ることができるチャンスを逃さないということです。

 

エンドユーザー側からすると、1年中ebayの検索はしないでしょうから

ここに我々が仕組みづくりをして、チャンスに備える意味があるわけです。

 

このような神出鬼没な商材を捉えることは時間的な観点で少しクセが強いですから

仕入れも難しく、売り手優位な市場になる傾向にあります。

 

②言語的な観点で少しクセが有る

 

これはeBay.com以外でリサーチする際によくある事例です。

例えば、eBay.fr(フランス)でアンティークの香水瓶を探すとします。

 

香水は英語でPerfumeです。

それではeBay.frの検索窓に Perfume bottle と入れて探して見ましょう。

 

 

検索結果は126件です。

 

それでは次にフランス語で parfum flacon と入力してみましょう。

 

検索結果は690件でその差は明らかです。

 

このようにローカルでは正しい言語に直して、検索をすることが

商品に辿り着くために大きな鍵となっています。

 

これはエンドユーザーとって壁に感じる点でもありますし

ライバルセラーにとっても難色を示す方が多いことも事実です。ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

 

複数の視点を組み合わせて仕入れを行うとチャンスは増える

 

価格差のなぜ??を考えた際に

上に挙げた複数の視点の組み合わせになっている場合が多いと感じています。

あくまでこれは結果を分析したものであって

全てのケースに当てはまるわけではありません。

 

しかしこのモノサシを持つことでお客様の困難を解決するような取引を

実現させる確率は高くなると考えています。

 

価格差という結果論から、どのように再現性の高い商売に昇華させていくか。

市場の中で生き残り続けるためにも価格差があるからという理由以外の

モノサシを持つべきだと私は考えています。そしてこの研究は現在も継続中です。

 

error: Content is protected !!